梅干しの種飛ばしなどでにぎわった昨年の河野うめまつり=福井県南越前町河野の河野シーサイドパーク駐車場

梅干しの種飛ばしなどでにぎわった昨年の河野うめまつり=福井県南越前町河野の河野シーサイドパーク駐車場

福井県 鯖江・武生・越前海岸 祭り・催し 特産

梅づくし、楽しんで 福井・南越前で16日まつり

福井新聞(2019年6月14日)

 収穫時期を迎えた旬の梅を楽しむ「第23回河野うめまつり」が6月16日、福井県南越前町河野の河野シーサイドパーク駐車場で開かれる。梅もぎ体験や種飛ばし選手権、早つまみ競争など梅尽くしの一日となる。

 河野梅生産組合や河野観光協会などが実行委員会をつくり、毎年主催している。

 「紅映(べにさし)」の梅もぎ体験は午前9時から午後0時20分まで。1キロ当たり400円で、1人12キロまで持ち帰ることができる。対象は小学生以上で、当日受け付けのみ。時間制限はない。会場から梅園まで無料のシャトルバスを運行する。

 河野で漬けた梅干しを食べて種を飛ばす「うめぼしのたね飛ばし日本海選手権」は午前11時と午後1時から。男性、女性、子ども(小学生以下)の3部門がある。塗り箸で青梅を移す「うめ早つまみ競争」は正午と午後2時から。幼児と一般の部がある。いずれも当日受け付け。

 ほかにもバルーンアートショーや河野産の青梅や加工品などの特産品販売コーナーが設けられる。問い合わせは実行委員会=電話0778(48)2111。

鯖江・武生・越前海岸 ニュース