多彩な作品が目を引く合同盆栽展=6月15日、福井県福井市の県産業会館

多彩な作品が目を引く合同盆栽展=6月15日、福井県福井市の県産業会館

福井県 福井・永平寺 祭り・催し

盆栽の魅力存分に 愛好家が披露 福井で3団体が合同展

福井新聞(2019年6月17日)

 福井県内の盆栽愛好家でつくる盆樹会、栽樹会、今立盆栽愛好会による合同盆栽展(福井新聞社後援)が6月15日、福井市の県産業会館で始まった。会員ら35人が多彩な36作品を披露、訪れた人の目を楽しませている。16日まで。

 樹高75センチの堂々としたシンパクは、山本弘幸さん(鯖江)の作品。枯れた白い木肌と青々とした葉のコントラストが美しい。山昭雄さん(同)は、クチナシやクロマツ、カエデなど10センチ以下のミニ盆栽11点を並べた。「木の流れ、バランスが大切」と絶妙な配置で空間美を演出する。

 ほかに季節の花を組み合わせたり、展示に石を配したりした作品もあり、盆栽の奥深い世界が人々を引き付けていた。

福井・永平寺 ニュース