乗鞍高原一の瀬園地で見頃を迎えたレンゲツツジ

乗鞍高原一の瀬園地で見頃を迎えたレンゲツツジ

長野県 松本・上高地・美ヶ原 花・紅葉

残雪背にレンゲツツジ見頃 乗鞍高原一の瀬園地

信濃毎日新聞(2019年6月18日)

 松本市安曇の乗鞍高原にある一の瀬園地でレンゲツツジが見頃を迎えている。雪が残る北アルプス乗鞍岳(3026メートル)を背景に、朱色の花を写真に収める人たちの姿も見られる。

 県乗鞍自然保護センターによると、今年は夜の冷え込みが強く、例年より10日ほど遅い7日ごろに開花。センター職員の三阪光数さん(76)は「今週いっぱいは見頃なので楽しんでほしい」と呼び掛けている。

 一帯のレンゲツツジは昨年が当たり年だったため、今年は花芽が少ないという。周囲のススキなどに養分を取られてしまい、樹勢にも影響が出ているという。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット