ナウシカらが描かれたセル画が並ぶ会場

ナウシカらが描かれたセル画が並ぶ会場

富山県 黒部・宇奈月・新川 その他

「風の谷のナウシカ」セル画見て! 滑川の古書店展示

北日本新聞(2019年6月18日)

  宮崎駿監督のアニメーション映画「風の谷のナウシカ」(1984年公開)の貴重なセル画が、埼玉県の50代男性から滑川市瀬羽町の古書店「古本いるふ」に送られた。男性は昨秋に偶然訪れた同店の雰囲気を気に入り、元々「機会があれば多くの人に見てほしい」と思っていたセル画を託した。同店は15日から23日まで展示販売会を開いている。 

 風の谷のナウシカは宮崎監督の代表作の一つで、産業文明や環境破壊をテーマにしている。セル画は登場人物のナウシカやユパ、敵兵士らがそれぞれ描かれた計7枚で、宣伝用のポスターや電車中づり広告などと合わせて16種類27点の関連品が郵送された。

 男性は映画制作者で、仕事を兼ねた古い街並み巡りの一環でたまたま滑川市瀬羽町を訪れた。いるふで店主の天野陽史さん(34)と出会い、「こんな若い人が古本店の店主として頑張っているなら何か協力したい」と申し出た。その後、自宅で保管していたナウシカの関連品の存在を伝え、同店での展示販売会を提案した。

 天野さんによると、セル画は廃棄されたり、希望者に売られたりして、出回っている品は少ないという。「ジブリや宮崎監督のファンの間で高値がつく貴重品なので、ぜひ見に来てほしい」と話す。展示販売会では、同店所有の関連書籍12冊も並べる。正午~午後7時で、入場無料。

黒部・宇奈月・新川 ニュース