長野市の新小路沿いのリノベーションをテーマにした展覧会

長野市の新小路沿いのリノベーションをテーマにした展覧会

長野県 長野市周辺 その他

古い建物の再生、発信拠点に 設計事務所が長野にギャラリー

信濃毎日新聞(2019年6月28日)

 長野市の善光寺近くで旧倉庫をリノベーション(再生活用)した建物の一角に、「gallery saobi(ギャラリーさおび)」がオープンした。市内外で古い建物の再生を手掛けてきた設計事務所が、自分たちの発信拠点にしようと26日に開設。初の展示として同倉庫の再生プロジェクトを紹介している。

 開設した「シーンデザイン建築設計事務所」代表の建築士宮本圭さん(48)は、2009年に仲間と東町で古い工場跡の再生活用に携わって以来、一帯で古い建物の活用を手掛けてきた。ギャラリーを設けた建物は、さまざまな業種の会社や人と共同で5年ほど前、文具卸会社の旧倉庫4棟を改修した「SHINKOJI PROJECT(新小路プロジェクト)」で再生したうちの1棟だ。

 今年3月に1階の一角が空き、宮本さんが「自分たちが考える、建物やまちの使い方を発信したい」と考えた。現在の展覧会は、倉庫だった4棟が、同社などの事務所やシェアオフィス、カフェ、ケータリング店などが入る現在の姿になった様子を、改修前後の写真などで紹介。1カ月ほど続ける考えだ。

長野市周辺 ニュース