勢いよくスタートを切るランナー=七尾市能登島コミュニティセンター

勢いよくスタートを切るランナー=七尾市能登島コミュニティセンター

石川県 和倉・七尾・羽咋・かほく 祭り・催し

能登島を疾走 ロードレースに1154人

北國新聞(2019年7月8日)

 ひょっこりのとじま・2019能登島ロードレース(7日・七尾市能登島特設コース=実行委主催、北國新聞社後援)同市能登島コミュニティセンターを発着点に、31都府県の1154人が、男女年代別の計6部門、21・3キロで健脚を競った。1部(男子18~39歳)で北山和彦さん(金沢市)が全体トップの1時間14分3秒で初優勝した。
 県勢は2部(女子18~39歳)で舛田果那さん(金沢市)、4部(女子40~59歳)で坂東千雅さん(金沢市)が制した。
 大会は1998年7月1日の能登島大橋の無料化を記念して始まった。市民ボランティアが給水所の運営や選手誘導にあたり、沿道では多くの住民がランナーに声援を送った。

和倉・七尾・羽咋・かほく ニュース

和倉・七尾・羽咋・かほく
イベント

和倉・七尾・羽咋・かほく
スポット