登山客の安全を願った飯豊連峰の山開き祈願祭=4日、胎内市下荒沢

登山客の安全を願った飯豊連峰の山開き祈願祭=4日、胎内市下荒沢

新潟県 村上・胎内 祭り・催し

夏山の安全を願い 飯豊連峰胎内口 7月6日山開き

新潟日報(2019年7月8日)

 新潟県と山形、福島の3県にまたがる飯豊連峰の胎内口山開き安全祈願祭が7月4日、胎内市下荒沢の奥胎内ヒュッテで行われた。市や観光関係者ら約20人が参列し、登山客の安全を願った。胎内口は6日に山開きを迎えた。

 祈願祭で井畑明彦市長は「山の魅力は、安全に楽しんでこそ感じてもらえる。今シーズンの無事故を願っています」とあいさつした。胎内市山岳連盟の中村秀夫さん(70)は「一番大切なのは体力を過信しないこと。これから気温が上がるので、休憩したり水分補給したりして熱中症にも気を付けてほしい」と話した。

 胎内市側にある「足の松尾根登山口」は、昨年は約4千人が訪れた人気コース。登山客向けに、ヒュッテから登山口までの乗り合いタクシー(土日祝日限定、片道1人700円)を1日3往復運行している。

 問い合わせは市観光協会、0254(47)2723。

村上・胎内 ニュース

村上・胎内
イベント

村上・胎内
スポット