親子連れらが木道を整備した「ボードウォーク・ボランティアキャンプ」=6日、湯沢町三国

親子連れらが木道を整備した「ボードウォーク・ボランティアキャンプ」=6日、湯沢町三国

新潟県 越後湯沢・魚沼・奥只見 祭り・催し アウトドア・レジャー

湯沢・26日フジロック開幕 会場の木道歩きやすく

新潟日報(2019年7月9日)

 新潟県湯沢町の苗場スキー場で7月26日、開幕する野外音楽イベント「フジロックフェスティバル」を前に6日、会場内にある木道を整備する「ボードウォーク・ボランティアキャンプ」が、行われた。

 木道は「苗場インディペンデンスボードウォーク」と呼ばれ、子どもや車いすの人でも自然散策が楽しめるよう、2002年から整備を行っている。現在、木道の距離は1・7キロに達している。フジロック開催中は点在するステージをつなぐ通路として活用され、新緑や紅葉シーズンには観光客が散策を楽しんでいる。

 この日は、県内外から約70人のボランティアが参加。ことしは新たに、約80メートルの木道を整備した。親子連れらは完成後に「フジロックの森へようこそ」などと思い思いのメッセージをペンキで記していた。

 川崎市から親子で参加した小学6年男子児童(11)は「緑に囲まれ、映画の中の道みたい。自分たちが作った道を多くの人が使ってほしい」と話していた。

越後湯沢・魚沼・奥只見 ニュース

越後湯沢・魚沼・奥只見
イベント

越後湯沢・魚沼・奥只見
スポット