七夕飾りの準備を進める東町商店会のメンバー

七夕飾りの準備を進める東町商店会のメンバー

富山県 砺波・南砺・五箇山 祭り・催し

福光ねつおくり七夕多彩 東町商店会

北日本新聞(2019年7月23日)

 南砺市福光地域の中心商店街で26日に開幕する第64回なんと福光ねつおくり七夕祭り(北日本新聞社共催)に向け、東町商店会(山本均理事長)は商店街を彩る七夕飾りを制作している。21日夜はメンバーが集まり、作業に取り組んだ。

 東町商店街は国道304号沿いで、祭り会場の中心に位置する。ことしから大竹の代わりに、アーチを5基に増設。あんどんや吹き流しなど、大小約80種類の飾りを取り付ける。

 新元号の「令和」にちなみ、昭和、平成、令和の各時代を代表するスポーツ選手や歌手たちを描いた高さ1・8メートルのあんどんも用意。美空ひばりや貴乃花、八村塁選手や朝乃山といった多彩な人物が描かれている。町内の特設会場横には竹を設置し、来場者に短冊を書いてもらう「願い七夕」の企画も実施する。山本理事長は「趣向を凝らした七夕飾りを大勢の人に楽しんでもらいたい」と話した。

 祭りは28日まで。同商店会は期間中、27日のキッズダンスコンテストなど多彩な催しを繰り広げる。

砺波・南砺・五箇山 ニュース