中信地方で製造したギターを紹介する太田さん。祭りで展示する品もある

中信地方で製造したギターを紹介する太田さん。祭りで展示する品もある

長野県 松本・上高地・美ヶ原 祭り・催し

信州産ギター、品質知って 製造6社など松本で8月「祭り」

信濃毎日新聞(2019年7月24日)

 中信地方のギター製造6社などが8月24、25日、松本市中央2の信毎メディアガーデンで「信州ギター祭り」を開く。都道府県別の生産量が全国1位で、国内外のアーティストにも使われている「信州産」をPRする。祭りに向け、展示販売するギターやベースの製作を進めている。

 6社などの実行委員会によると、県内は松本市、大町市、塩尻市にギター工場が集積。県内生産量は全国シェアの半分を占め、品質もトップクラスという。実行委は2013年から祭りを開き、同ガーデンでは初めて。

 今年は新たにギター製作の実演を企画し、展示本数も増やす。6社が自社ブランドのギターとベース計約120本を展示販売するほか、5社が製作を実演。ボディーなどに使う木材をその場で選べるオーダーメードの注文、無料の修理も予約制で受け付ける。

 松本市の「スギ・ミュージカル・インストゥルメンツ」社長の杉本真さん(65)は「松本は木工業が盛んでギター工場が集積した。祭りを通じて職人の技術の高さを知ってほしい」。実行委代表で松本市内の楽器店に勤める太田幹雄さん(44)は「大々的な実演や細かな注文ができるのは産地ならでは」とアピールしている。

 祭りは午前10時〜午後7時(25日は午後6時まで)。入場無料。問い合わせは実行委事務局(電話0263・38・2260)へ。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット