松本の蜂蜜を使った「松本ハニーエール」

松本の蜂蜜を使った「松本ハニーエール」

長野県 松本・上高地・美ヶ原

蜂蜜ビール、味わい重厚 松本産、数量限定販売へ

信濃毎日新聞(2019年7月29日)

 松本市中心市街地で養蜂に取り組む「松本みつばちプロジェクト」は28日、今年採れた蜂蜜を使い、クラフトビール製造の松本ブルワリー(松本市)に委託醸造した新商品「松本ハニーエール」を発表した。香りと味わいを重視したビールで、8月7日から数量限定で販売する。

 同市中央2の信毎メディアガーデン内の松本ブルワリー直営店で発表。資金調達のために行ったクラウドファンディングの出資者ら約20人が集まった。同市岡田の会社員上條克弥さん(55)は「重厚な味わいで蜂蜜の香りが楽しめる。夜の落ち着いた時間に飲みたいビール」と話した。

 松本ブルワリーによると、松本ハニーエールは15度ほどの温度で飲むと、蜂蜜の風味が際立つ。330ミリリットル入りの瓶で、1本税込み600円。1200本生産した。松本市の百貨店「井上」、山形村のアイシティ21で販売する。

 プロジェクト代表で井上(松本市)の常務執行役員、井上博文さん(45)は地元産の蜂蜜、ビールで松本の魅力を発信したい―とし、「夏の季節感のある商品として続けていきたい」としている。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース