高松ぶどうを使ったスイーツを紹介するパティシエの藤井さん(右)と大田組合長=津幡町のJAグリーンかほく

高松ぶどうを使ったスイーツを紹介するパティシエの藤井さん(右)と大田組合長=津幡町のJAグリーンかほく

石川県 特産

栽培100周年 高松ぶどう、スイーツに

北國新聞(2019年7月31日)

 高松ぶどう生産組合は、栽培100周年を迎えたかほく市特産の「高松ぶどう」を使ったスイーツを30日、お披露目した。七尾市出身のパティシエ辻口博啓さんに開発を依頼し、ぶどうの果肉やリキュールを生かした香り高いゼリースイーツに仕上げた。
 高松ぶどうの加工品第1弾のリキュールと能登ワインで香り付けした果肉のゼリー、ぶどうとドラゴンフルーツの果肉をルビーショコラムースにのせ、持ち運べる容器に入れた。フランス語の「紫」にちなんで「プウル」と名付けた。
 30日は津幡町のJAグリーンかほくで、お披露目会が開かれ、辻口さんが監修する洋菓子店「ル ミュゼ ドゥ アッシュ」のパティシエで、製造責任者の藤井幸治さんが特徴を紹介した。大田昇生産組合長や西川一郎JA石川かほく組合長が試食し、大田組合長は「高松ぶどうの認知度アップにつなげたい」と話した。
 1個620円(税別)で、「ル ミュゼ ドゥ アッシュ」の金沢、和倉店で8月末まで扱う。

石川県 ニュース