丸山珈琲が松本コーヒースタンドで販売するジェラート

丸山珈琲が松本コーヒースタンドで販売するジェラート

長野県 松本・上高地・美ヶ原 スイーツ

丸山珈琲、ジェラート常時販売へ 松本の店舗刷新

信濃毎日新聞(2019年7月31日)

 コーヒー豆販売などの丸山珈琲(北佐久郡軽井沢町)は8月1日、松本市の信毎メディアガーデン1階で営業するテークアウト専門の「松本コーヒースタンド」を刷新し、ジェラートの販売を始める。県内外でコーヒーショップを営む同社が、ジェラートを常時販売するのは初めて。若い世代の客層を開拓する。

 店舗の一角に専用ショーケース1台を設置し、自社焙煎(ばいせん)のコーヒー豆で抽出したエスプレッソ、プレミアムピスタチオなど11種類のフレーバー(味)を販売する。製造は上田市のジェラート店に委託。種類は随時入れ替える。

 丸山珈琲は信毎メディアガーデンの2階でフルサービス型の店舗も経営するが、中高年の客が中心。1階はジェラートで若者に狙いを定め、双方の客層の取り込みを狙う。同社は店舗の刷新で「中高生や学生のほか、家族連れでも楽しんでほしい」とする。

 ジェラートの価格は税込みでシングル450円、ダブル550円から。学割もある。営業は午前8時〜午後6時。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース