「ひまわり迷路」を楽しむ園児たち

「ひまわり迷路」を楽しむ園児たち

富山県 高岡・氷見・射水 祭り・催し アウトドア・レジャー

ゴールできる? 県立大にひまわり迷路

北日本新聞(2019年8月2日)

 県立大射水キャンパス(射水市黒河・小杉)の東側農地に植えた約4万本のヒマワリで作った「ひまわり迷路」の開園式が1日、行われた。例年よりも成長が遅く、満開は5~10日ごろの見通し。

 成長の遅れについて同大の担当者は、梅雨時期の日照不足が原因とし「3日のダ・ヴィンチ祭の時には、だいぶ黄色い花が増えているはず」と期待した。

 迷路は同大と同市が農事組合法人「ファーム大島」の協力で毎年制作している。開園式では中島範行副学長と竹内美樹市産業経済部次長、ファーム大島の津田信人理事、地元の黒河保育園児がテープカット。園児たちは早速、迷路内を走り回ってゴールを目指した。

高岡・氷見・射水 ニュース