太陽に向かって咲き誇るヒマワリ=津南町の「ひまわり広場」

太陽に向かって咲き誇るヒマワリ=津南町の「ひまわり広場」

新潟県 十日町・松之山・津南 花・紅葉 アウトドア・レジャー

輝く大輪笑顔満開 津南でヒマワリ見頃

新潟日報(2019年8月2日)

 新潟県津南町芦ケ崎の「ひまわり広場」では、ヒマワリが見頃を迎えている。8月1日は多くの家族連れが訪れ、黄色に輝く大輪の間を歩いたり、写真を撮ったりして楽しんでいた。

 1990年に若手農家が遊休農地にヒマワリを植えたのが始まり。現在は約4ヘクタール、約50万本にまで広がり、毎年約7万人が訪れる観光名所となっている。

 広場では畑を三つの区画に分け、開花時期をずらして長い間楽しめるようにしている。ことしは昨年に比べ生育は遅れたものの、梅雨明け後の猛暑で一気に開花した。

 柏崎市から祖父母と訪れた小学5年女子児童(11)は「明るい黄色のヒマワリがたくさん咲いてきれいだった」と話していた。

 広場は18日まで。9~15日はライトアップも行われる。駐車場は300円(普通車)。問い合わせは町観光協会、025(765)5585。

十日町・松之山・津南 ニュース

十日町・松之山・津南
イベント

十日町・松之山・津南
スポット