豪快に引き回されるたてもん=諏訪神社

豪快に引き回されるたてもん=諏訪神社

富山県 黒部・宇奈月・新川 祭り・催し

たてもん、令和も勇壮 第50回じゃんとこい魚津まつり開幕

北日本新聞(2019年8月3日)

 魚津市の「第50回じゃんとこい魚津まつり」が2日開幕した。初日は同市諏訪町の諏訪神社で「たてもん祭り」が行われ、地元若衆らがたてもんを威勢よく曳(ひ)き回した。令和元年と50回を祝い、勢ぞろいしたたてもんを同時にゆっくりと回転させる初の試みもあった。

 豊漁や航海の安全を願う伝統行事。台がそり形をしているのが特徴で、高さ約16メートル、重さ約5トンのたてもんを回転させる。国指定重要無形民俗文化財で、ユネスコ無形文化遺産に登録されている。

 神社前の道路に諏訪町1~5区と港町、元町の7基が勢ぞろいした。午後8時の開始とともに多くのたてもんがゆっくりと回り、勇壮な姿を披露。境内では1基ずつ勢いよく曳き回され、ロープにつかまった曳き手が遠心力で宙を舞う姿も見られた。

 魚津まつりは市と魚津商工会議所、市観光協会主催、北日本新聞社共催。

 ◇主なイベント▽3日=UO!JAZZ(海の駅蜃気楼)、うおづキャンドルロード(餌指公園など)、海上花火大会(魚津港)、たてもん祭り(諏訪神社)▽4日=せり込み蝶六踊り街流し(22メートル通り)▽7日=経田七夕祭り(経田)

黒部・宇奈月・新川 ニュース