あんどんの絵を描く子どもたち

あんどんの絵を描く子どもたち

富山県 黒部・宇奈月・新川 祭り・催し

小中学生があんどん準備 7日に経田七夕まつり

北日本新聞(2019年8月4日)

 魚津市のじゃんとこい魚津まつりに合わせ、経田七夕まつりが7日、同市経田地区で開かれる。令和に改元されたのを記念し、ビンゴゲームと七夕コンテスト、灯ろうライトアップが、初めて七夕まつりのイベントに加わる。3日は、地元の小中学生が経田公民館で、門柱として飾る大きなあんどんを作った。 

 経田小4、5年生と、東部中美術部の1、2年生の計9人が、高さ3.6メートルの門柱2本を製作した。市のイメージキャラクター・ミラたんや元号「令和」発表の様子、天の川と花火などを伸び伸びと描いた。

 七夕まつりは7日午後5時50分から経田漁港付近広場を主会場に始まる。七夕コンテストは17町内会が参加。灯ろうライトアップは中央公園で実施する。かつての人気企画の一つだった、経田のど自慢も復活させる。保育園、小学校、高校の発表や灯ろう流しもある。魚津まつりは北日本新聞社共催。

黒部・宇奈月・新川 ニュース