展示が始まった大型砂像=羽咋市千里浜町

展示が始まった大型砂像=羽咋市千里浜町

石川県 和倉・七尾・羽咋・かほく 祭り・催し アウトドア・レジャー

砂のかぐや姫 千里浜に幅8メートルの像

北國新聞(2019年8月9日)

 羽咋市の千里浜海岸で8日までに、夏の風物詩となっている大型砂像が登場した。千里浜砂像協会理事で砂像クリエーターの古永健雄さん(48)=同市千路町=は「かぐや姫」をテーマにした高さ3メートル、幅8メートルの作品を仕上げ、精巧な出来栄えが海水浴客や行楽客の関心を集めている。
 月を見上げるかぐや姫の後ろ姿と、その姿を見て翁(おきな)と媼(おうな)が別れを嘆き悲しむ姿が表現されており、古永さんは「千里浜の夕暮れや切ない雰囲気を醸し出した」と話した。
 大型砂像は千里浜レストハウス付近に展示されており、スマートフォンで撮影する客の姿が目立つ。このほかに開運招き猫や忍者を表現した作品が並び、NHK人気番組のキャラクター「チコちゃん」をテーマにした砂像も15日ごろに完成予定という。今月中旬からライトアップも始まる。展示は11月末まで。

和倉・七尾・羽咋・かほく ニュース

和倉・七尾・羽咋・かほく
イベント

和倉・七尾・羽咋・かほく
スポット