旬を迎えたバッファローを切り取るブドウ狩りの参加者=8月7日、福井県越前市中山町の観光農園「どんぐり山」

旬を迎えたバッファローを切り取るブドウ狩りの参加者=8月7日、福井県越前市中山町の観光農園「どんぐり山」

福井県 鯖江・武生・越前海岸 アウトドア・レジャー グルメ 特産 スイーツ

種類充実、ブドウ狩りいかが 福井県越前市の「どんぐり山」

福井新聞(2019年8月10日)

 福井県越前市中山町の観光農園「どんぐり山」ブドウ園が8月9日、オープンした。

 同農園は20種類のブドウを計50アールの畑で育てており、高級で人気のシャインマスカットや、はちみつぶどうとも呼ばれる糖度の高いブラックオリンピアもある。ブドウ狩りは10月中旬ごろまで。

 7日には、介護施設「生喜庵」(坂井市)と放課後等デイサービス「喜び」(福井市)の25人が招かれ、旬を迎えた糖度が高いバッファローを収穫した。招待はシーズン前の同農園の恒例で、一足早いブドウ狩りを楽しんだ。

 80代の男性は「口に入れた瞬間、甘く感じた。みずみずしくておいしかった」と話した。小学2年の女子児童は「数え切れないほど粒がいっぱい。たくさん食べられてうれしい」と喜んでいた。

 入園料は、中学生以上1300円、小学生800円、3歳以上の園児600円で、食べ放題。ただしシャインマスカットは1房限定で1500円(年齢は問わない)。問い合わせと予約は同農園=電話0778(28)1288。

鯖江・武生・越前海岸 ニュース