石川県 和倉・七尾・羽咋・かほく 祭り・催し

津幡町文化財 「青い目の人形」展示始まる

北國新聞(2019年8月15日)

 津幡町文化財「青い目の人形」の展示が14日、同町文化会館シグナスで始まり、来館者に平和の尊さを伝えた。17日まで。
 人形は戦前、日米親善の象徴として約1万3千体が米国から贈られたが、戦時中に処分された。石川県内に現存するのは3体。
 「平和の使者」が白い目で見られた時代があった。そのまなざしが現代の子どもたちに訴えかけるものは大きい。

和倉・七尾・羽咋・かほく ニュース

和倉・七尾・羽咋・かほく
イベント

和倉・七尾・羽咋・かほく
スポット