公開制作に向け意気込むグレースウッドさん

公開制作に向け意気込むグレースウッドさん

富山県 砺波・南砺・五箇山 祭り・催し

作家続々 意欲は十分 いなみ木彫刻キャンプ

北日本新聞(2019年8月18日)

 18~30日に開かれる「南砺市いなみ国際木彫刻キャンプ」を前に、木彫刻の公開制作を行う国内外の作家が17日、会場となる同市の井波芸術の森公園を訪れ、素材の丸太の状態を確認した。

 木彫刻キャンプでは、世界9カ国の作家12人と2団体が、井波芸術の森公園で彫刻を公開制作する。17日は、招待作家のパトリック・グレースウッドさん(米国)やコスミン・ヒリスティアさん(ルーマニア)、安達陽子さん(砺波市)ら国内外の作家が次々と訪れた。材料となるクスの丸太の大きさを測ったり、下書きを記したりした。グレースウッドさんは「我慢強く自分の求める作品を作り上げたい」と意気込んでいた。

 木彫刻キャンプは南砺市や県芸術文化協会、北日本新聞社などでつくる実行委員会が1991年から4年ごとに開き、8回目。開会式は18日午後5時から井波総合文化センターで行う。公開制作は19日から、本格的にスタートする。

砺波・南砺・五箇山 ニュース