貸し切り臨時列車を走らせるJR飯田線

貸し切り臨時列車を走らせるJR飯田線

長野県 伊那路 祭り・催し 鉄道

貸し切り列車で動物園に行こう 駒ケ根から飯田へ

信濃毎日新聞(2019年8月21日)

 JR飯田線活性化期成同盟会は10月12日、駒ケ根駅から飯田線の貸し切り臨時列車に乗って飯田市立動物園を訪れる催し「ZOOトレイン」を行う。小学生以下の子どもと保護者が対象。列車や駅周辺を楽しみ、飯田線をその後も利用してもらう狙い。

 駒ケ根市の駒ケ根駅発着。車内では動物や鉄道に関する本や絵本を自由に読める。飯田線の駅名を使ったビンゴゲームも企画した。飯田駅で下車し、動物園を見学する。

 伊南地域で使える買い物カード「つれてってカード」の加盟店約140店と、宮田村の「宮田プラムシール会」加盟店約20店のレシートを添付して申し込む。参加者1人につき千円の買い物が必要。地域の活性化につなげる。

 同盟会は飯田線利用を目指して毎年イベント列車を企画。事務局の駒ケ根市は「列車に乗って遊びに行くきっかけにしてほしい」とする。8月26日までに申し込む。問い合わせは市企画振興課(電話0265・83・2111)。

伊那路 ニュース