夏祭りの会場となる海野宿。古い町並みが残る

夏祭りの会場となる海野宿。古い町並みが残る

長野県 上田・小諸 祭り・催し

宿場の雰囲気と三味線楽しんで 東御・海野宿で31日

信濃毎日新聞(2019年8月23日)

 国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている東御市本海野の海野宿で31日、「海野宿にぎわい夏祭り」が開かれる。地元住民有志でつくる実行委員会が主催。打ち上げ花火やビアガーデン、津軽三味線演奏家岡田修さんのライブなどを企画している。

 地域住民同士のつながりや来訪者との交流を目的に2016年から開催。海野宿内にある市営滞在型交流施設「うんのわ」近くでは、「トヨタ2000GT」などクラシックカー12台も展示する。実行委事務局を務める地元のNPO法人海野宿トラストの宮下知茂理事長は「住民が苦労して保存した宿場の雰囲気と、洗練された三味線の演奏を楽しんでほしい」としている。

 岡田さんの演奏は海野宿ふれあいセンターで午後4時〜5時15分。入場料1800円、定員150人。花火は午後7時から30分間。問い合わせは信州とうみ観光協会(電話0268・62・7701)へ。

上田・小諸 ニュース