大勢の来場者が見入った県ドクターヘリ

大勢の来場者が見入った県ドクターヘリ

富山県 砺波・南砺・五箇山 祭り・催し アウトドア・レジャー

県ドクターヘリ人気 小矢部ヘリフェス最終日

北日本新聞(2019年8月26日)

 ヘリコプター&防災・防犯フェスティバル2019は25日、小矢部市のクロスランドおやべで最終日を迎え、来場者が県ドクターヘリなどの機体を間近で眺め役割に理解を深めた。

 県ドクターヘリが到着すると、大勢の来場者が取り囲んだ。人工呼吸器や酸素ボンベなどが置いてある機内が公開され、搭乗する医師が「県内はどの場所でも15分以内に到着できる」と説明した。

 ドクターヘリを題材にした人気ドラマ「コード・ブルー」のファンという古川虹(なな)さん(富山市堀川中3年)は「迫力があってかっこよかった」と笑みをこぼした。

 県消防防災ヘリによる救助訓練の公開や、民間機を使った遊覧飛行なども人気を集めた。クロスランドによると、約1万3千人が訪れ、2日間の合計は約2万4千人。

 公益財団法人クロスランドおやべ主催、北日本新聞社特別協力。

砺波・南砺・五箇山 ニュース