新潟県が制作した「スノーリゾート新潟」PR動画(新潟県提供)

新潟県が制作した「スノーリゾート新潟」PR動画(新潟県提供)

新潟県 アウトドア・レジャー

白銀がいざなう新潟 県、7言語で動画制作

新潟日報(2019年8月29日)

 新潟県は、冬場のインバウンド(訪日観光客)の増加につなげようと、外国人向けに「スノーリゾート新潟」をPRする動画を制作した。県内のスキー場や温泉、渓流などの美しい雪景色の映像に外国語の字幕を付けた。東京からの利便性もアピールしている。

 新潟県の強みである「雪」をキーワードとした海外からの誘客が狙い。英語、中国語(簡体・繁体)、韓国語、ロシア語、タイ語、ベトナム語の7言語に対応した動画を用意した。

 動画は約3分。スキー場の雪質の良さをアピールし、妙高市にある滑車でワイヤを滑り降りる「アジア最長」のジップラインも紹介している。スキー場直結の上越新幹線ガーラ湯沢駅も映して東京からのアクセスの良さも強調。地域の食や温泉の魅力も伝えた。

 県は、動画を現地旅行社に提供するほか、海外のイベントで活用する予定。動画投稿サイト「ユーチューブ」でも公開している=QRコード参照=。「新潟の冬の魅力を広く発信し、より多くの外国人に訪れてもらいたい」(国際観光推進課)としている。

新潟県 ニュース