BEB5の2階に飾られた門田さんの絵画(中央奥)。絵画の前でスケッチブックに題名を書き、写真撮影してもらう

BEB5の2階に飾られた門田さんの絵画(中央奥)。絵画の前でスケッチブックに題名を書き、写真撮影してもらう

長野県 軽井沢・佐久・小海線沿線 その他

絵画に命名、旅の思い出に 若者向けに企画

信濃毎日新聞(2019年8月30日)

 星野リゾート(軽井沢町)が軽井沢町で運営する20~30代向けホテル「BEB5(ベブファイブ)軽井沢」は10月末まで、ホテル内に飾った絵画の題名を来訪者が決める企画を開いている。若者を意識し、考えた題名は写真共有アプリ「インスタグラム」に投稿してもらう趣向で、インターネットを通じて他人の「命名」の様子を見られる。旅の思い出やアートに触れるきっかけづくりにつなげてもらう。

 BEB5は宿泊料金を抑えた新形態として2月に開業。今春、近くのセゾン現代美術館から連携の申し出があり、ホテルがテーマとする「仲間とルーズに過ごす」にも沿う新たな美術鑑賞の形として今回の企画を考えた。

 命名する絵画は、同美術館で9月1日まで企画展を開催中の作家門田光雅さんの作品。縦100センチ、横30センチのキャンバスに格子や円が色鮮やかに描かれている。参加者は考えた題をスケッチブックに書き、絵の前で写真撮影。検索目印となる指定のハッシュタグを付けて投稿する。大賞に選ばれると正式な作品名になる。他に、入選2人にホテルのペア宿泊券か同美術館のペア招待券が贈られる。宿泊者以外も参加できる。

 ホテルには他に門田さんの作品15点を展示し、自由に鑑賞できる。担当者は「題名を考えながらだと、展覧会と違う視点で見られる」と来場や参加を呼び掛けている。

軽井沢・佐久・小海線沿線 ニュース

軽井沢・佐久・小海線沿線
イベント

軽井沢・佐久・小海線沿線
スポット