力強い舞を見せる出演者=井波別院瑞泉寺

力強い舞を見せる出演者=井波別院瑞泉寺

富山県 砺波・南砺・五箇山 祭り・催し

伝承6獅子舞、勇壮に 南砺・井波で共演会

北日本新聞(2019年9月1日)

 南砺市の獅子舞共演会が31日、同市の井波別院瑞泉寺で開かれた。市内6団体が各地区に伝わる勇壮な舞を披露し、大勢の来場者を魅了した。

 共演会は、南砺市などでつくる実行委員会が初めて開催した「南砺獅子舞 令和元年夏の陣」のメインイベント。夏の陣ではこのほか、井波彫刻総合会館と井波美術館で、獅子舞に関する展示を行っている。

 共演会には、岩屋青年義勇団(井波)、信末獅子方保存会(城端)、皆葎獅子保存会(上平)、専勝寺獅子方若連中(井波)、大鋸屋昭徳会(城端)、東町獅子方若連中(井波)が出演。6団体は八日町通りの「よいとこ井波」の前を出発し、井波別院瑞泉寺の山門まで、約140メートルを練り歩いた。

 瑞泉寺では、ライトアップされた境内で演技を披露。各団体は笛や太鼓の演奏に合わせ、それぞれ特色ある獅子舞を次々に見せた。獅子は躍動感にあふれ、息の合った踊りを繰り広げた。会場に詰めかけた大勢の来場者からは演目が終わるたびに大きな拍手が送られた。

 スタンプラリーやワークショップ、飲食ブースの出店もあり、会場はにぎわった。「南砺獅子舞 令和元年夏の陣」は北日本新聞社共催。

砺波・南砺・五箇山 ニュース