投網漁が解禁され、水揚げされた諏訪湖のワカサギ=2日、諏訪市

投網漁が解禁され、水揚げされた諏訪湖のワカサギ=2日、諏訪市

長野県 蓼科・八ヶ岳・諏訪 グルメ 特産

脂たっぷり、諏訪湖の味覚 ワカサギの投網漁解禁

信濃毎日新聞(2019年9月3日)

 諏訪湖で2日、ワカサギの投網漁が解禁された。漁師15人が早朝の沖に出て網を打ち、昨年の解禁日とほぼ同じ約75キロを水揚げした。諏訪湖漁協(諏訪市)によると、今年のワカサギは昨年に比べてよく成長している。漁協は来年1月前半までの漁期中に、例年並みの10トンの水揚げを見込んでいる。

 水揚げされたワカサギは体長5〜8センチ。今年は湖内の餌が豊富で、脂がよく乗ったワカサギが多いという。

 この日は早朝から、新鮮なワカサギを仕入れようと、諏訪市の諏訪湖漁業センターに地元の川魚店の関係者たちが訪れた。岡谷市内の店の女性従業員(66)は「諏訪湖のワカサギを待っている客は多い。私も待ち遠しかった」。フライや唐揚げなどにして販売するという。

 同漁協は今春、8・3億粒の卵を放流。武居薫組合長(68)は「魚は十分にいて餌も豊富。豊漁が期待できる」と話した。投網漁は当面、月、木、土曜日の午前4〜6時に行う。

蓼科・八ヶ岳・諏訪 ニュース

蓼科・八ヶ岳・諏訪
イベント

蓼科・八ヶ岳・諏訪
スポット