会場を確認する(左から)山田館長代理、佐野支配人、元井さん

会場を確認する(左から)山田館長代理、佐野支配人、元井さん

富山県 黒部・宇奈月・新川 祭り・催し

8日「ぜひ足を運んで」 魚津・有磯海SAで即興ライブ

北日本新聞(2019年9月6日)

 北陸自動車道下り線の有磯海サービスエリア(SA)=魚津市湯上=は8日、全国から訪れる利用者に地域の魅力を伝えようと、新川学びの森天神山交流館(同市天神野新)とコラボレーションしたイベントを初めて開く。同館で開かれる創作合宿イベントに参加するアーティストが、即興でジャズライブを行う。同SAと同館は互いの魅力を生かし合おうと今後も連携したい考えだ。

 新川学びの森天神山交流館では7~15日、全国の音楽家やダンサーが集う創作合宿「エアースプラッシュトヤマ」(北日本新聞社など後援)があり、ワークショップや即興演奏で感性と技を磨く。有磯海SAでは8日午前11時から、講師でピアニストの中村真さん(埼玉)と参加者の選抜メンバーがライブを開く。同館の「学びの森から"音楽"お届け」事業の一環。

 同SAは一般道から乗り入れでき、佐野康行支配人(55)は「県内の人に気軽に来てほしい。全国の人には、富山を楽しく印象付けたい」と意気込む。

 創作合宿は飛び込みでも参加でき(参加費が必要)、最終日の15日にはライブを行う。同SAでのイベントを前に、同館の山田智史館長代理(49)は「『面白い』『行きたい』と思ってもらえたらうれしい」と期待する。創作合宿の実行委員会メンバー、元井康平さん(32)=小矢部市=は「アーティストの出会いが生む即興表現を楽しんでほしい」と話した。

黒部・宇奈月・新川 ニュース