「てんこもり小浜フェスタ」の各イベントを紹介しているパンフレット

「てんこもり小浜フェスタ」の各イベントを紹介しているパンフレット

福井県 敦賀・若狭 祭り・催し

小浜の魅力毎日満喫を 11月までフェスタ

福井新聞(2019年9月6日)

 「てんこもり小浜フェスタ」と銘打ち、福井県小浜市内で9月7日から11月3日まで、「祭」「食」「文化」「さとうみ」の4テーマで53イベントが集中的に展開される。若狭地方最大の秋祭り「放生祭(ほうぜまつり)」や、同時開催される「食のまつり」と「御食国(みけつくに)・和食の祭典」もその一つ。ほかにもサバ料理を味わう「鯖まつり」、特製海鮮丼の提供、座禅、漁師体験など盛りだくさんで、小浜の魅力満載の秋が楽しめそう。

 市の第三セクター、まちづくり小浜(おばま観光局)が毎年実施している恒例イベント。

 「祭」は9月7、8、9、11日の放生祭本稽古の見学や14、15日の放生祭本番、22日のYOSAKOI祭、9月29日の加茂神社例大祭、10月12、13日の若狭彦、姫神社の例祭「遠敷祭り」がある。

 「食」は10月26、27日にグルメ、物産店約60店が集合する「OBAMA食のまつり」、御食国と呼ばれた若狭、淡路、志摩とそれらの食材が集まる京都の和食が体感できる「御食国・和食の祭典」がある。各店のサバ料理が楽しめる「てんはま鯖まつり」は初開催。「海鮮てんはま丼まつり」は趣向を凝らした海鮮丼が楽しめる。

 寺の庭園を見ながらのお茶、精進料理作り、座禅が体験できるのは「文化」プログラム。明通寺の国宝三重塔の内陣や萬徳寺の秘仏が特別公開される。

 自然に親しむ「さとうみ」部門では、小浜よっぱらいサバ堪能ツアー、漁船クルージングや魚さばき、サザエ漁、定置網などの漁体験プログラムがある。革小物や木皿などの各種もの作り、東北料理のランチがセットになった草木染、ヨガなどもあり多彩だ。担当者は「期間中は毎日催しが開催されており、お得なクーポンの付いたパンフレットを持って秋の小浜を巡ってほしい」と話している。

 パンフレットは、市内の道の駅やJR小浜駅、コンビニ、公民館などで配っている。問い合わせはまちづくり小浜=電話0770(56)3366。

敦賀・若狭 ニュース