完成した曳山格納庫から曳山を出し、餅まきする関係者

完成した曳山格納庫から曳山を出し、餅まきする関係者

富山県 高岡・氷見・射水 祭り・催し アウトドア・レジャー

曳山格納庫が完成 新湊、法土寺町

北日本新聞(2019年9月10日)

 射水市新湊地域中心部の法土寺町は、曳山の新しい格納庫を建てた。完成式典が8日、同格納庫であり、住民や関係者約110人が祭りの伝統継承へ気持ちを新たにした。

 従来の格納庫は築60年が経過。法土寺町自治会は曳山格納庫建設委員会を昨年に設立し、ことし4月に起工した。

 幅約5メートル、奥行き約9メートル、高さ約9メートルの鉄骨造り平屋建て。回廊方式を採用し、設計図なども展示した。敷地は359平方メートルあり、駐車場などを設けた。事業費は3400万円。

 神事では夏野元志市長や桧物和広同自治会長らが玉串をささげた。新湊めでた保存会の朗唱や曳山からの餅まきもあった。式典後、祝賀会が開かれ、曳山が町内を巡行した。

 桧物会長は「多くの善意が集まり感謝している。有効活用できるよう考えていきたい」と話している。

高岡・氷見・射水 ニュース