真田ゆかりの4城を巡るともらえる「真田領四城攻城記念御城印」(右端)

真田ゆかりの4城を巡るともらえる「真田領四城攻城記念御城印」(右端)

長野県 上田・小諸 その他

真田ゆかり「御城印」集めよう 上田など4城巡ると記念印

信濃毎日新聞(2019年9月11日)

 戦国大名真田氏ゆかりの城跡がある上田市と群馬県沼田市、みなかみ町、東吾妻町は25日、各城跡で販売する「御城印(ごじょういん)」を全て集めた人に「真田領四城攻城記念御城印」の無料配布を始める。いずれも本丸などがない城跡で、「本丸や天守閣がない分、ストーリーやロマンで集客したい」と手を組んだ。

 対象は、上田市の上田城、沼田市の沼田城、みなかみ町の名胡桃(なぐるみ)城、東吾妻町の岩櫃(いわびつ)城の4城。上田城は真田氏が2度にわたり徳川軍の攻撃を撃退した―などとそれぞれにエピソードがある。岩櫃城跡は国の史跡に指定される見通しだ。

 上田城では、信州上田観光協会が印を押した御城印の販売を4月に始め、8月末までに1万枚が売れる「ヒット商品」(観光協会)に。名胡桃城が9月に販売を始めて4城で出そろったことから、記念御城印の配布を企画した。

 記念御城印は、縦15センチ、横10センチほどの和紙に真田家の家紋六文銭を朱印で押し、「天空の城下町 沼田城」「歴史を変えた名胡桃城」「難攻不落 岩櫃城」「不落の名城 上田城」と記した。4城の御城印を集め、各城近くの観光案内所などで示すともらえる。上田城は上田城跡公園前の市観光会館か公園内の真田神社で受け取れる。問い合わせは同会館(電話0268・23・5408)へ。

上田・小諸 ニュース