ヤギの姿などが浮かび上がる稲作アート

ヤギの姿などが浮かび上がる稲作アート

富山県 黒部・宇奈月・新川 祭り・催し

稲作アートくっきり 魚津・小菅沼、22日に刈り取り体験

北日本新聞(2019年9月12日)

 稲の色の違いを利用して大きな絵のように見せる「稲作アート」が、魚津市小菅沼の田んぼに浮かび上がっている。同所の活性化に取り組む「小菅沼・ヤギの杜(もり)」(金森喜保代表)は22日に稲刈りを実施する予定で、16日まで参加者を募っている。

 古代米各種や新大正もち、赤むすびなど8種類の稲を5月に植え、ヤギやクマといった動物の姿、「祝令和」「ヤギの杜」の文字を表現した。

 稲刈りは定員50人。小菅沼・ヤギの杜ふれあい広場に午前9時半集合、昼食後自由解散。参加費は高校生以上千円、小中学生500円、未就学児無料。魚津漁協の協力を得て、魚津の海の幸や山の幸を使ったランチを味わう。

 問い合わせ・申し込みは金森代表、電話090(3297)7215。ファクス0765(56)8944。

黒部・宇奈月・新川 ニュース