人さし指で生き物にふれる子ども

人さし指で生き物にふれる子ども

富山県 黒部・宇奈月・新川 祭り・催し

指で生きものにタッチ 魚津水族館

北日本新聞(2019年9月15日)

 魚津市の魚津水族館は14日、指1本で富山の海や川、水辺などにすむ生き物に触るイベント「ワンタッチさわりウム!」を始めた。訪れた家族連れらが、人さし指で生き物たちの感触を確かめた。

 普段は水槽越しにしか見ることができない魚やクラゲ、タコ、カエル、昆虫など12種類を展示。これだけたくさんの種類と触れ合える企画は初めてという。生き物への負担を減らすため、触るのは指1本とした。

 富山湾の深海にすむサラサベッコウタマガイは、触っているかいないか分からないくらい柔らかい感触。川にいる石そっくりのカジカの仲間アユカケや、山地にいるアズマヒキガエルなども触ることができる。

 16日まで。開催時間は午前10時~正午、午後1~3時。21~23日にも行う。

黒部・宇奈月・新川 ニュース