長野県 軽井沢・佐久・小海線沿線 祭り・催し

浅間国際フォトフェス ずらり728点 展示もユニーク

信濃毎日新聞(2019年9月15日)

 御代田町と広告写真制作などのアマナ(東京)が手掛ける国内最大級の芸術写真の祭典「浅間国際フォトフェスティバル」が14日、同町の旧メルシャン軽井沢美術館を主会場に始まった。国内外の写真家55組による728点が屋内外に並び、大型写真やユニークな展示方法で魅了した=写真。

 まず目に飛び込むのは8枚の巨大ポートレート。写真に彫刻を施し、いずれも同じ男性を写しているのに違う人のように見える。フランス人写真家のシャルル・フレジェさん(44)は南北アメリカ大陸での祝祭の装いを捉えた数々を展示。積み上げた箱の側面に飾るなど展示方法も独特で「会場が普通と違う雰囲気なので展示にも遊びを加えました」と話していた。

 巨大なスポンジと一緒に写っているように見える合成写真の体験コーナーも。町民500人余の人物写真を主会場の屋外に展示し、地元小中学生が手掛けた写真も並べた。小園拓志町長は式典で「自信を持ってお薦めできるフェスになった」とアピールした。11月10日まで。

軽井沢・佐久・小海線沿線 ニュース

軽井沢・佐久・小海線沿線
イベント

軽井沢・佐久・小海線沿線
スポット