フェスタで一般向けに初公開する旧脇本陣「粂屋」

フェスタで一般向けに初公開する旧脇本陣「粂屋」

長野県 上田・小諸 祭り・催し

再生した小諸のお宝紹介 20日から城下町フェスタ

信濃毎日新聞(2019年9月19日)

 小諸市の有志らでつくる城下町にぎわい協議会は20〜23日、信州小諸城下町フェスタを市街地で開く。8回目の今年は「再生」がテーマ。7月に宿泊施設などとして生まれ変わった小諸宿旧脇本陣「粂屋(くめや)」の一般向け初公開や、古民家再生に関する映画やトークイベントなどがあり、来場を呼び掛けている。

 江戸時代後期の建築とされる旧脇本陣は一般社団法人こもろ観光局が指定管理し、週末は宿を、平日は喫茶を営んでいる。一般公開の期間中、21〜23日は有料でお茶を提供。23日午後1〜4時は大名が泊まったとされる奥座敷まで全館を公開する。

 映画やトークイベントは、本町のほんまち町屋館で22日午後4時半から。この他、市内のワイン醸造者やブドウ農家が酒蔵で一堂に会する催しや、リメークやリペア(修理)の作家が参加するマルシェなどを企画。日替わりランチやギャラリー展示、ワークショップ(参加型講習会)もある。

 協議会事務局の荻原礼子さん(61)は、近年は若者や移住者を中心に古い建物や文化を見つめ直す動きが広がっているとし、「小物から古民家といった大きな建物、職人の技まで、小諸の宝として紹介したい」と話している。

 フェスタは各日午前10時〜午後4時。問い合わせは小諸宿本陣主屋(電話0267・24・7788)へ。

上田・小諸 ニュース

上田・小諸
イベント

上田・小諸
スポット