石川県 その他

日本海側初 野々市に来春、レゴスクール

北國新聞(2019年9月20日)

 デンマークのブロック玩具メーカー、レゴ社の教育施設「レゴスクール」が来年4月、野々市市に開設される。日本海側では初の開校で、ブロックを使った「遊びから生まれる学び」を指導する。建設予定地は石川県立大近くの中林土地区画整理事業区域内で10月に着工する。運営会社の代表は「子どもが豊かに育つ環境を整えたい」と今後3年で金沢、富山、福井への進出も視野に入れている。
 レゴスクールは、レゴブロックを使用した習い事教室で対象は3~9歳。年齢別のカリキュラムに基づき、認定インストラクターが教える。探究心、集中力、コミュニケーション能力などを遊びながら伸ばす教育を目指す。小学校で必修となるプログラミングも学ぶ。
 国内のレゴスクールは、今秋の開校予定も含めて関東に20、関西は6、東海に5施設あるほか、宮城に2カ所、沖縄にも1カ所ある。野々市市は35番目となる見通しだ。
 野々市教室は、レゴのライセンスグッズ輸入などを手掛ける「エフ・ケイ・ソリューションズ」(金沢市)が運営する。現在の計画では、授業日は週4日とし、70~80人ほどの生徒を見込む。利用料は月額8千円(月4回)からを想定している。
 予定地は野々市市中林の約1600平方メートルで、敷地内に事務所や倉庫、ショールームを備えた2階建ての社屋を建設し、そこでスクールを展開する。総事業費は約4億円。
 10月13、14日には野々市市文化会館フォルテでレゴスクールの体験教室が開かれる。岡田浩幸社長は「野々市の教育環境の向上に貢献したい」と話している。

石川県 ニュース