イタリアのテレビ番組制作会社から日本の食の魅力に取材を受けるムニッキさん(左から2人目)=9月19日、福井県美浜町早瀬

イタリアのテレビ番組制作会社から日本の食の魅力に取材を受けるムニッキさん(左から2人目)=9月19日、福井県美浜町早瀬

福井県 敦賀・若狭 特産

日本酒造りの魅力に迫る 伊の職人らを撮影 福井・美浜

福井新聞(2019年9月20日)

 日本の食の魅力を紹介しようと、イタリアのテレビ番組制作会社が福井県美浜町早瀬の酒蔵でドキュメンタリー番組の撮影を行っている。蔵元で働くイタリア人のジョバンニ・ムニッキさん(54)が取材を通し、酒造りへの思いや日本酒の魅力を伝えている。

 訪日外国人客(インバウンド)誘致を目的とした総務省の補助事業で、イタリアのテレビ番組制作会社と名古屋のテレビ局CBCテレビによる共同プロジェクト。日本の食文化の発信をテーマに福井のほか石川、富山、長野県在住のイタリア人が、その土地の食の魅力を紹介する番組を制作している。

 一行は9月18日に福井県に入り、美浜町を中心に21日まで撮影を行う。19日にはムニッキさんが働く三宅酒造で、日本酒「早瀬浦」の酒米を洗ったり蒸したりする仕込み作業の撮影を行った。仕込みが味を左右する重要な工程であることや、早瀬浦には町内で収穫した酒米しか使わないことなどを伝えていた。

 番組制作会社のダビデ・デミケーリスさん(53)は「海外で日本酒の需要は高まっている。職人のこだわりや伝統的な工程、魅力を伝えていきたい」という。ムニッキさんは「祖国に日本酒や日本文化を発信できるのはうれしい」と話していた。番組は11月上旬にイタリアで放送される。

敦賀・若狭 ニュース