ヘチマの天日干し作業に励む瀧田さん親子=射水市中野

ヘチマの天日干し作業に励む瀧田さん親子=射水市中野

富山県 高岡・氷見・射水 アウトドア・レジャー 特産

大島特産ヘチマ天日干し

北日本新聞(2019年9月21日)

 20日の県内は秋らしい日差しが注いだ。射水市大島地域では特産ヘチマの天日干しが連日行われている。

 大島へちま生産組合の5軒ほどが栽培し、8月下旬から収穫が始まった。収穫したヘチマは水に浸けて皮をむいた後、天日で乾燥させる。

 加工会社「へちま産業」(同市中野・大島)を営む瀧田秀成さん(54)は父の啓剛さん(79)と畑で作業に励んでいた。天日干しは11月中旬まで続き、たわしや靴の中敷きなどに加工される。

高岡・氷見・射水 ニュース