自転車と一緒にサイクルトレインに乗車した参加者

自転車と一緒にサイクルトレインに乗車した参加者

富山県 富山・八尾 高岡・氷見・射水 祭り・催し アウトドア・レジャー

自転車も電車も満喫 射水~富山で「サイクルトレイン」

北日本新聞(2019年9月22日)

 自転車を持ち込める特別列車を使ったイベント「あいの風とやま鉄道サイクルトレイン」が21日、富山市と射水市を結ぶ海岸沿いなどで行われた。県内各地や金沢市から36人が参加。射水市の越中大門駅から鉄道で東富山駅に向かった後、自転車で同市までのサイクリングを満喫した。

 イベントは入善~滑川間で実施した昨秋以来2回目。自転車を固定する器具を荷棚や床に取り付けた3両編成の特別列車を運行した。

 射水市役所大島庁舎での出発式に続き、一行は越中大門駅から乗り込んだ。東富山駅で下車し、自転車で岩瀬方面へ。富山競輪場のバンクを1周した後、県が整備した湾岸サイクルロードを走り、海王丸パークを経て大島庁舎を目指した。

 荒井廉生(れん)君(南砺市福光中部小2年)は「自転車も電車も大好きなのでうれしい」と話し、父親の邦弘さん(42)は「普段とは違うサイクリングが楽しめそう」と笑顔を見せた。

 あいの風とやま鉄道の利用促進と沿線の魅力アピールを目的に同社と北日本新聞社が主催。県サイクリング協会が協力した。

富山・八尾 ニュース