来場者らが心行くまで麦屋節を楽しんだ総踊り

来場者らが心行くまで麦屋節を楽しんだ総踊り

富山県 砺波・南砺・五箇山 祭り・催し

来場者加わり総踊り 五箇山麦屋まつり最終日

北日本新聞(2019年9月25日)

 五箇山麦屋まつりは24日、最終日を迎え、南砺市下梨(平)の平行政センターで舞台競演などが行われた。締めくくりの総踊りには来場者も加わり、心行くまで麦屋節を踊った。

 舞台競演会には白川郷荻町民謡保存会(岐阜県)、利賀村むぎや節保存会、小谷麦屋節保存会が順に出演。それぞれの地域に伝わる唄と踊りを披露した。

 最後は下梨発祥の麦屋節を継承する越中五箇山麦屋節保存会が伝統の笠踊りをはじめ、「早麦屋」や「四ツ竹節」などを繰り広げ、客席を埋めた観客を魅了した。

 総踊りでは麦屋節の哀愁を帯びた調べに誘われ、来場者も次々と踊りの輪に参加。地方衆(じかたしゅう)の奏でる旋律に身を任せ、越中五箇山麦屋節保存会員らと一緒に笠踊りや手踊りを楽しんだ。

 五箇山麦屋まつりは北日本新聞社共催。

砺波・南砺・五箇山 ニュース