音量や当日の流れを確認したリハーサル

音量や当日の流れを確認したリハーサル

富山県 高岡・氷見・射水 祭り・催し

音楽法要や坊主カフェ 29日、伏木・勝興寺でフェス

北日本新聞(2019年9月26日)

 高岡市伏木古国府の国重要文化財・勝興寺をアピールするイベント「ふるこはんフェス」が29日、同寺で開かれる。25日は催しの一つである音楽法要のリハーサルが同寺であった。

 音楽法要では浄土真宗本願寺派高岡教区の若手僧侶ら約30人が出演。シンセサイザーに合わせて親鸞聖人の「正信偈(しょうしんげ)」を唱えたり、雅楽を演奏したりする。リハーサルには約20人が集まり、音量や座り位置など当日の流れを確認した。

 イベントは、地元で「ふるこはん」の愛称で親しまれている勝興寺を地域に開かれた寺にしようと、同市歴史文化推進協議会(会長・米谷和也市教育長)が企画し、昨年に続き2回目の開催。音楽法要の他、同教区の40歳以下の僧侶でつくる寺族青年会が精進料理を中心とした食事を提供する「坊主カフェ&バー」がイベントの目玉となる。境内には飲食や雑貨の店25店舗が並ぶ。

 音楽法要は午後5時から本堂で行う。

 問い合わせは高岡市教育委員会生涯学習・文化財課、電話0766(20)1453。

高岡・氷見・射水 ニュース