さまざまな指令が記された「足羽山アドベンチャーノート」をPRする市職員=福井県福井市役所

さまざまな指令が記された「足羽山アドベンチャーノート」をPRする市職員=福井県福井市役所

福井県 福井・永平寺 アウトドア・レジャー

足羽山冒険の指令ノート完成 福井で記念催しへ

福井新聞(2019年9月26日)

 冒険や発見など福井県福井市の足羽山に関する"指令"が記された「足羽山アドベンチャーノート」が完成した。全ての指令をクリアすると「勇者」の称号がもらえる仕組み。28、29日にノートの完成を記念したイベントが開かれる。発案した一般社団法人「足羽山こどもとあそぶLab」(足羽山Lab)は「ノートを活用して足羽山を冒険し、今まで知らなかった足羽山を見てほしい」と話している。

 ノートは、足羽山Labが市の助成を受け500部作り、市自然史博物館や紀伊國屋書店などで300円(税込み)で販売している。

 ▽体力▽知力▽神力▽勇者の心-の4テーマでそれぞれ4個のミッションを用意した。「足羽山の頂上で『ヤッホー!』と叫ぼう」「自然史博物館でアンモナイトの化石を見つけよう」など、足羽山ならではの指令が盛りだくさん、指令を達成するたびに大久保茶屋や弘法院大師堂でシールがもらえ、16全てをクリアすると「勇者の証」の缶バッジを手に入れることができる。

 ノート完成に合わせ28、29の両日、「足羽山こどもとあそぶわくドキ2DAY」が開催される。28日は足羽山の自然に親しむ「モックイックスクール」の第2弾。足羽山の木を利用して、楽器や飛行機などのおもちゃ作りに挑戦する。定員は30人で、参加費は千円。午後0時半までに市自然史博物館に集合する。

 29日は「どきどきアドベンチャー~勇者誕生の章~」と題し、子どもたちが勇者になりきって足羽山を探索し、クイズに挑戦する。初心者向けの「エンジェル勇者コース」と上級者向けの「ドラゴン勇者コース」があり、全てのクイズを攻略するとイベント限定の「勇者の証」をもらえる。定員は100人で参加費は500円。午後1時までに足羽山の三段広場に集まる。

 申し込み、問い合わせはNPO法人「森のほうかごがっこう」=電話090(2830)8481、メール1192―raku―kids@ezweb.ne.jp

福井・永平寺 ニュース