「ローカルラーニングツアー」のチラシ

「ローカルラーニングツアー」のチラシ

福井県 敦賀・若狭 アウトドア・レジャー グルメ

小浜の食材撮って食べて 29日から4回ツアー

福井新聞(2019年9月27日)

 カメラを持っておいしい小浜を探しに行こう-。福井県小浜市は9月29日、プロカメラマンと地場産食材の産地を巡り、生産者や料理人と交流する「ローカルラーニングツアー」を始める。撮影や取材を楽しんだ後は、地元料理人が腕を振るった地場産食材の昼食を味わう。野菜、すし、サバ、ささ漬けをテーマに計4回計画。「食材の魅力に触れつつ、生産者と料理人という小浜に根ざした人の魅力に触れ、もっと小浜を好きになってほしい」と参加を募っている。

 市農林水産課は7月、「食と農をつなぐ地域循環プロジェクト」を始めた。食で小浜を元気にしたいと思う飲食店と生産者、流通加工業者の連携、食材の魅力発信により、小浜での経済循環を目指す取り組み。ツアーはその一環で、初めて企画した。

 初回の29日は、トマトやブドウの生産現場を見学した後に野菜を使ったランチを楽しむ。2回目は農園と水産会社を訪ねた後にすしを食べる。3回目は新ブランドサバ「小浜よっぱらいサバ」を養殖する田烏釣姫漁港、サバのへしことなれずしの蔵を見学し、4回目はささ漬けの業者や酢の醸造業者を巡る。

 いずれも午前9時から昼すぎまで。写真で地域を元気にする「ローカルフォト」活動に、全国各地で取り組む市内在住の写真家、堀越一孝さんが講師を務める。産地を巡った後は、参加者が撮った写真を講評する。

 参加費は昼食代込みで2500円。定員は初回のみ先着8人で、ほかは15人。筆記用具、カメラを持参。カメラは貸し出すことができるが、台数に限りがある。氏名、電話番号、希望するツアー、人数を明記し電話、ファクス、メール(senryaku@city.obama.fukui.jp)で申し込む。市役所で申込書を配っている。

 問い合わせ、申し込みは同課=電話0770(53)1111(内線291)、FAX0770(52)1401。

 ツアーの日程は次の通り。
 ▽9月29日 小浜の農の魅力再発見▽10月19日 若狭の米と魚▽11月17日 サバの聖地 小浜の新旧名物▽2月1日 小浜の特産 小鯛のささ漬け

敦賀・若狭 ニュース