旧開智学校校舎のイラストや写真をあしらったタウンスニーカー

旧開智学校校舎のイラストや写真をあしらったタウンスニーカー

長野県 松本・上高地・美ヶ原 その他

旧開智学校国宝指定PR 松本周遊バスラッピング

信濃毎日新聞(2019年9月29日)

 松本市内の周遊バス「タウンスニーカー」で、国宝に指定される見通しとなった同市開智2の重要文化財「旧開智学校校舎」のイラストや写真を貼ったラッピングバスの運行が28日、始まった。国宝指定をPRするため、市が企画。初日は松本駅と同校舎を結ぶ北コースを走った。
 同校舎は地元の大工・立石清重(せいじゅう)(1829~94年)が設計し、西洋の意匠を日本の伝統技術を使って再現した「擬洋風」建築が特徴。国の文化審議会が5月に国宝に指定するよう答申し、近く正式に国宝指定される見通しだ。
 ラッピングバスは、八角形の塔屋がそびえる建物正面の写真を右側面にあしらい、「国宝旧開智学校校舎」の文字を添えた。左側面や車体後部には同校舎を描いたイラストを貼った。
 タウンスニーカーは同市が実施主体となり、アルピコ交通(松本市)が運行している。市交通安全・都市交通課は「校舎の国宝指定をPRし、古里の宝として広く認知されるようになればいい」としている。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット