増山城跡へ向けて練る武者行列=砺波市増山

増山城跡へ向けて練る武者行列=砺波市増山

富山県 砺波・南砺・五箇山 祭り・催し アウトドア・レジャー

増山城で戦国ロマン満喫 砺波、武者行列や忍者体験

北日本新聞(2019年9月30日)

 砺波市増山の国史跡・増山城跡で増山城戦国祭りが29日開かれ、観光客が武者行列や城跡巡り、餅の振る舞いなど多彩なイベントを楽しみ戦国ロマンに触れた。

 甲冑(かっちゅう)をまとい武者にふんした住民ら50人が練り歩いた。城主役の夏野修市長、家老役の城田栄一栴檀野自治振興会長が、広場で歓迎の言葉を述べた。実行委員会委員長の若森勇人増山自治会長の主唱で勇ましい勝ちどきをあげた。

 来場者は、ボランティアグループ・曲輪(くるわ)の会の会員の解説を聞きながら城跡を巡るウオーキングを楽しんだり、飲食コーナーで料理を味わったりした。スマートフォンの画面上で戦国時代の増山城を散歩できる拡張現実(AR)アプリの体験会や、忍者になって手裏剣投げを体験する教室もにぎわった。

 武者行列に足軽役で参加した原野蘭生(らんせい)君(庄東小3年)は「昔のことを知ることができた」と感想を話した。

 祭りは、増山城の魅力をPRし地域を活性化しようと増山自治会や栴檀野自治振興会などでつくる実行委員会が毎年行い、11回目。

砺波・南砺・五箇山 ニュース