独自に焙煎したコーヒーを入れる店のスタッフ(左)

独自に焙煎したコーヒーを入れる店のスタッフ(左)

長野県 軽井沢・佐久・小海線沿線 祭り・催し

こだわりコーヒー飲み比べ楽しむ 御代田でフェス

信濃毎日新聞(2019年9月30日)

 県内外のコーヒー店など計約30店が集う「長野コーヒーフェスティバル2019in御代田」が29日、御代田町役場の駐車場で開かれた。自家焙煎(ばいせん)にこだわるコーヒー店に加え、コーヒーに合う菓子店も出店。味の違いを楽しめる「飲み比べ」があり、家族連れらでにぎわった。

 飲み比べのコーヒーは、各店が中国産の豆をそれぞれのやり方で独自に焙煎し、浅間山麓の湧水で抽出。来場者は苦味、酸味、香りなどが異なるコーヒーを味わいながら、菓子や軽食も楽しんだ。

 家族5人で訪れた会社員の山口奈保子さん(30)=長野市=は「浅いりのコーヒーが酸味や甘みが強くて好み。天気が良かったので、よりおいしかった」と話していた。

 フェスティバルは、県内有志でつくる実行委員会が信州の湧水を生かした本格コーヒーを味わってもらおう―と昨年8月の白馬村、今年5月の諏訪市に続いて開いた。

軽井沢・佐久・小海線沿線 ニュース

軽井沢・佐久・小海線沿線
イベント

軽井沢・佐久・小海線沿線
スポット