手提げ袋を持参し、クリ拾いをする来園者=阿賀町細越

手提げ袋を持参し、クリ拾いをする来園者=阿賀町細越

新潟県 新発田・月岡・阿賀野 祭り・催し アウトドア・レジャー

イガイガたわわ クリ拾いシーズン本番 阿賀

新潟日報(2019年10月4日)

 新潟県阿賀町三川地区の細越観光栗園が、クリ拾いのシーズン本番を迎えている。市内外からの来園客が、たわわに実った秋の味覚を楽しんでいる。

 同町細越の斎藤孝一さん(71)が30年ほど前に開園し、管理している。敷地面積は約5ヘクタール。今年の出来は夏場の猛暑で粒が小ぶりなものの、甘みが強く、収量は平年並みだという。園内では現在、中生の品種を中心に実を付けている。

 9月28日には長靴姿の常連客がイガを踏んで開き、手慣れた手つきで中のクリを取り出していた。素手で開こうとして、「痛い」と叫び声を上げる人も。新潟市東区から訪れた女性(75)は「栗ご飯にしたり、ゆでて食べたりしたい」と笑顔だった。入園無料で、採れたクリは1キロ600円で販売。開園時間は午前9時~午後4時、10月6日まで。0254(99)3530。

 町内には、上川地区の九島観光栗園も開園中。問い合わせは九島栗生産組合、0254(95)3056。

新発田・月岡・阿賀野 ニュース

新発田・月岡・阿賀野
イベント

新発田・月岡・阿賀野
スポット