仏教の魅力について話すみうらさん(左)

仏教の魅力について話すみうらさん(左)

長野県 長野市周辺 祭り・催し

みうらじゅんさん「仏教愛」語る 長野で「善光寺サミット」

信濃毎日新聞(2019年10月4日)

 善光寺(長野市)ゆかりの全国の寺社関係者が集まる「第14回善光寺サミット」が3日、長野市で2日間の日程で始まった。初日は主催する「全国善光寺会」の総会と記念講演を実施。イラストレーターで仏像マニアとしても知られるみうらじゅんさんが、自身の「仏教愛」を語り、市民を含め約300人が聞いた。

 みうらさんは小学生の頃、映画などに出てくる怪獣のうろこと、写真で見た仏像の衣が似ているのに関心を持ち、仏像写真のスクラップを始めた。全国各地で飲食店などの看板の漢字を撮影して組み合わせ、般若心経を作る「写経」に挑戦してきたことを紹介し、「どこにあるか分からない漢字をただ歩いて探す。修行です」と話すと、会場は笑いに包まれた。

 大分大教授の田中修二さんと東京芸大大学院非常勤講師の藤曲隆哉さんは、善光寺の仁王像の調査について報告。制作時、完成した時の色にこだわるため、木曽ヒノキが材料に使われた―などと説明した。4日は、全国19寺院の住職らが善光寺境内で参拝者に御朱印を授ける催しがある。

長野市周辺 ニュース