胎内の水の魅力を発信しようと発売した「胎内高原の天然水でつくったあま酒」

胎内の水の魅力を発信しようと発売した「胎内高原の天然水でつくったあま酒」

新潟県 村上・胎内 特産 スイーツ

胎内の天然水まろやか甘酒に 地元メーカーが発売

新潟日報(2019年10月10日)

 新潟県胎内市熱田坂で地ビールを製造している新潟ビール醸造が、「胎内高原の天然水でつくったあま酒」を10月7日に発売した。順次、県内のスーパーや土産店などに売り出す。同社は「全国的にも珍しい超軟水の天然水で仕込んだ甘酒。胎内の水の魅力をPRしたい」としている。

 飯豊連峰から流れる天然水を仕込み水に、コメと米こうじのみを使用。糖類は使用していないものの、すっきりとした自然な甘さに仕上げた。

 同社の須貝貴之社長(36)によると、使用する天然水の硬度は14度。一般的に50~60度とされる水道水に比べ、「口当たりがまろやかで、子どもからお年寄りまで安心して飲んでもらえる」と言う。

 500ミリリットル入り。参考小売価格は税抜き800円。問い合わせは同社、0254(48)2020。

村上・胎内 ニュース

村上・胎内
イベント

村上・胎内
スポット